Pilates

ピラティスについて

最近、ピラティスという言葉をよく聞くようになり、ヨガと並んでメジャーになってきたエクササイズの1つです。 この「ピラティス」というエクササイズの呼び名は、考案者であるジョセフ・ピラティス氏(独・1880-1967)からとってつけられたものです。 子供のころから喘息やくる病など病弱だったピラティス氏は、それを克服しようと体操やスキーなど様々なスポーツに没頭し、身体に対する探究心も旺盛だったそうです。 第一次世界大戦中に捕虜として収容所に入れられ、そこで看護師を努めていた時に、今までの経験と知識を活かし病院のベットの上で行う事のできるリハビリ用のエクササイズを考案し、それが今のピラティスの基本となっています。 戦後はアメリカに移住し、スタジオを開設し、今までの筋力トレーニングとは違う筋肉を鍛えて、癒し、正すというエクササイズはしなやかな動きを求めるダンサーや、身体の不調や故障に悩む人達にたちまち受け入れられました。

ピラティスは身体が本来持っている力と柔軟性を引き出し、関節や筋肉に不要な負担をかけません。 一人一人のレベルや理解力にあった指導が必要不可欠であり、姿勢・呼吸・筋肉の動きなど身体の原則を理解でき、わかりやすくしっかりとした指導が有効とされています。


Bosu

BOSU(ボス)について

BOSUとは、バランスボールや、バランスボールを半分に切ったようなバランストレーナーといった器具を使用したエクササイズです。 バランストレーナーは上向きでも下向きでも使用できることから、BOSUの頭文字は「Both Side Utilized」の略称で、両サイドが活用できるという意味からきています。

BOSUは不安定な足場の上で様々な動作を行うことにより筋バランスの向上や、全身の筋力向上、身体の引き締めなどにとても効果があります。 ただの筋力トレーニングとは違い、筋肉や神経のつながり、そして呼吸方法や体幹を意識することにより身体的なバランスを向上させることができます。